「動画に強いR6」キヤノンEOS R6 Mark IIの特にすごい特徴を20年間のCanonユーザーがまとめて解説!

「動画に強いR6」キヤノンEOS R6 Mark IIの特にすごい特徴を20年間のCanonユーザーがまとめて解説!
この記事は約 13 分で読めます

EOS R6の弱点の1つ、動画性能を大幅強化!

2022年12月15日にCANONからミラーレス一眼の新製品「EOS R6 Mark II」が発売されました!!

EOS R6から様々な点が強化された、EOS R6の正統進化機種となります。

EOS R6 Mark IIの主な特徴は下記です。

  • AFトラッキング性能の大幅強化
  • 高速ドライブ採用 – 連写機能強化とRAWバーストモード(プリ撮影)など
  • R6から画素数増加(約2010万画素 → 約2420万画素)
  • 動画機能の大幅強化

特に動画機能の強化が注目されています!

EOS R6の弱点の1つとして動画撮影のしづらさがありました。具体的には、動画モード機能がEOS R5より絞られており、EOS RP相当の機能となっています。

本ブログ内の下記記事で説明していますので、良かったら後でご覧ください。

【デフォルト設定はダメ!】EOS Rシリーズで動画を撮るためのおすすめ設定組み合わせ2パターン

EOS R6 Mark IIは動画性能の他にも、使い勝手に大きく影響する点が強化されています。

★筆者について

この記事では2000年からスナップ撮影をメインに写真を20万枚以上撮り続け、20年のCanonユーザーである筆者が、EOS R6 Mark IIの特に気になる進化について解説します。

EOS R6 Mark IIの概要

引用:https://canon.jp/corporate/newsrelease/2022/2022-11/pr-eosr6mk2

CANON公式からは下記のニュースリリースと特設サイトが発表されています。

ニュースリリース
読み込み中... 読み込み中...
特設サイト
読み込み中... 読み込み中...

主な特徴は下記となっています。

  • AFトラッキング性能の大幅強化
  • 高速ドライブ採用 – 連写機能強化とRAWバーストモード(プリ撮影)など
  • R6から画素数増加(約2010万画素 → 約2420万画素)
  • 動画機能の大幅強化

それぞれ、特に気になる点を解説していきます!

AFトラッキング性能の大幅強化

「瞳AF」の大幅強化

EOS R6でもおなじみの「瞳AF」が大幅に強化されました。

瞳AFは実用レベルで自分の腕が落ちるんじゃないかと思う程の精度の高さです😅

EOS R6 Mark IIでは、下記のような大幅進化!

  • 「人物」の瞳/顔/頭部/胴体の検出に対応。瞳検出では、あらかじめ[右目優先][左目優先][自動]の設定が可能。
  • 検出可能な被写体に「鉄道」「飛行機」「馬」が追加
  • カメラが自動で被写体を認識する「自動」を新たに採用

正確に言うとEOS R6でもAF設定に「検出する被写体」として「動物優先」「乗り物優先」というものがありました。

それが今回、大幅に細分化され強化した形です。

特定の被写体を多く撮る人にとってはとても有難い進化です♪

個人的には競馬場撮影に行ってみたいと思っていたので、とても試してみたくなりました!

他にもAF認識エリア高精度化、AF速度や低照度AF性能向上などがあるようですが、これらは正直実際にユーザーの方々の生の声が出てみないと、レビューだけでは判断しにくい所です。

全画面AFエリア

測距エリア(AFが有効なエリア)が、フルサイズのセンサー全域になったということです。

つまり、動く被写体が画面の隅に移動しても、AFが可能ということ!

以前はAPS-Cの強みでしたが、ついにフルサイズで全画面AFを実現してきたキヤノン!!

【補足】

通常、下記のようにフルサイズは測距エリアが画面中央付近に限定されており、1つの弱みでもありました。

フルサイズとAPS-Cの違いについては下記で詳しく説明しています!

☆紹介記事
もうフルサイズはいらない?APS-Cとの違いを撮影シーンから解説【解像度以外が重要】
https://photo.kenshi2009.com/fullsize-apsc-comp/

高速ドライブ採用 – 連写機能強化とRAWバーストモード(プリ撮影)など

高速ドライブ採用とは、カメラ内蔵の記録媒体の性能が向上したということです。

具体的には、下記の性能向上があります。

連写性能がEOS R6の最高約20コマ/秒からEOS R6 Mark IIでは最高約40コマ/秒

電子シャッター使用時ではありますが、AF/AE追従で連写してくれますし、最近のミラーレスカメラの性能なら歪みも少なく実用レベルで使えると思います。

歪みの無いメカシャッター/電子先幕使用時は最高約12コマ/秒です。

また約20コマ/秒も選べるとのことで、無駄に記録容量が増えなくて地味に助かります(笑)

RAWバーストモードを搭載

シャッターを半押しすることでシャッターボタンを押す直前(約0.5秒前)から記録を開始できる「プリ撮影」機能です。

ドライブレコーダーのようなイメージと考えるとわかりやすいです(事故が起きた直前から記録)。

フルサイズEOSに初搭載ということで私も使ったことがありませんが、野鳥撮影やスポーツでは間違いなく絶対使いたい機能!!

これだけでも、欲しくなる・・

高周波フリッカーレス撮影

見てもピンと来ない人が多いと思いますが、多くの方に関係するとても嬉しい機能です!

都会の夜景やイルミネーションを撮る際、最近の照明はほとんどがLEDです。

目には見えませんがLEDは蛍光灯よりも高速で点滅しており、カメラで撮影すると一部のLEDが消えた状態で写ってしまうのです。

EOS R6でも普通に撮影するとこの問題が発生します。

これを防いでくれるのが高周波フリッカーレス撮影で、EOS R6のフリッカーレス撮影では蛍光灯のみだったものがLEDに対応しました。

R6から高画質化(約2010万画素 → 約2420万画素)

EOS R6 Mark IIでは画素数アップと画像処理により、EOS 5D Mark IV(約3040万画素)を凌ぐ解像性能を達成しているとのことです。

ただ、余程マニアックな用途でない限り、普通に撮っている人がEOS R6とEOS R6 Mark IIの解像感で違いを実感することは少ないと思います。

野鳥撮影などでトリミングを多用する方などはありがたいかも!

常用ISOもアピールされていますが、結局はISO 12800以上だとそれなりにノイズが目立つと思うので、効果を実感するのは限定的でしょう。

画素数増加や常用ISOよりも、センサーが新調されたことで画像処理含めた全体的な画質向上には期待!

動画機能の大幅強化

動画機能に関しては、とにかく色々と強化しています。

一覧にすると下記のような項目です。
(かなり細かいので、詳細は公式ページ

  • EOS R3同等の4K/60Pに対応。タイムラプスも4K対応。
  • 再生時1/6倍速のスロー効果。動画クロップ撮影に対応。
  • 新たな記録画質、撮影外部機材に対応。
  • 10倍デジタルズーム対応。動画撮影時シャッタースピード1/8000秒対応(EOS R6では1/4000まで)。
  • CINEMA EOSカメラのサブ機としての使用を想定したクイック設定画面、[記録中の強調表示]対応。
  • EOS R6では29分59秒に制限されていた1回あたりの動画記録時間の上限が、EOS R6 Mark IIでは6時間まで拡大。

気になる記載を解説していきます。

動画クロップ撮影、10倍デジタルズーム

画質は落ちますが、動画撮影時に遠くの物を撮りやすくなることでビデオカメラの代わりを果たせる機会は増えるでしょう。

私が持っているEOS R6ではズームがやりづらいので、未だに昔のビデオカメラを使う機会があります。

CINEMA EOSカメラのサブ機を想定したUI設計

ご存じの方は少ないかもしれませんが、キヤノンにはCINEMA EOS SYSTEMというブランドがあり、報道用などプロの方向けの撮影機材を売っています。

プロが使う撮影機材のサブ機を想定しているということなので、EOS R6 Mark IIの動画性能に関しては期待できそうです。

EOS R6では動画の撮影モード等が入門機であるEOS RP同等に制限されており、EOS R5, EOS R3とは明確な差をつけて設計されていました。

連続動画撮影時間が6時間まで拡大

EOS R6では29分59秒に制限されていた1回あたりの動画記録時間の上限が、EOS R6 Mark IIでは6時間まで拡大しました。

私はそこまで不自由を感じていませんでしたが、29分59秒ではYoutube向け動画を撮る人からは選ばれないので、この差はかなり大きいと思います。

動画も「プレ記録」モード搭載

メイン機能として書かれていないのですが、「プレ記録」ができるようになっています!

録画開始ボタンを押す3秒前もしくは5秒前から記録することが可能で、静止画の「プリ撮影」と同じイメージの機能ですね。

カメラを構えて決定的瞬間が起きたらその前から記録できるというので、撮り逃しをかなり減らせると思います。

EOS R6 Mark IIの価格

キャノンオンラインショップでの価格は下記です。

EOS R6 Mark II本体:税込39万6,000円

RF24-105 IS STMレンズキット:税込44万円

RF24-105 L IS USMレンズキット:税込55万円

価格帯を見ても、EOS R6 Mark IIはEOS R6の正統進化版ですね。

なかなかにお高いですが、EOS R5よりは価格抑えて来ましたので、EOS R5の後継機(EOS R5 Mark II?)も期待できそうですね♪

まとめ:「動画機能大幅強化」のEOS R6 Mark II!

EOS R6 Mark IIが発表になりました。

EOS R6の弱点を無くした、とても魅力的な機種になっていると思います😊



本ブログでEOS R6の記事書いてます


本ブログではEOS R6について使用感を色々と記事にしていますので、良かったらご覧ください♪

合わせて読みたい
image
【EOS R6】初日の出撮影~事前準備と撮影すべき時間帯 観光気分で行くけど、少しでも良い写真を撮りたい(クリックで拡大)この記事では、ちょっと……
合わせて読みたい
image
憧れるRFレンズ!Canon RF100-500mm F4.5-7.1L IS USMを5つの撮影シーンで実写レビュー CanonのRFレンズは2022年4月7日から軒並み価格が上昇していますね💦今回作例を載せる「RF100-500……

この記事を書いた人 Wrote this article

kenshi2009

燻製するフォトグラファー。燻製教室と写真撮影でお仕事したりブログ書いてます。燻製15年目🍖、写真24年目📷、ブログ24年目📓。EOS R6使用。 燻製も写真も季節を楽しみながらやってます🍂 写真の無断転載は禁止。奈良好き🦌 Twitterにほぼ毎日います!【SNS一覧:https://lit.link/kenshi2009】