「EOS Rシステム」のAPS-Cがスタート!キヤノンEOS R7、EOS R10の概要

Rシステム初のAPS-Cミラーレスカメラ

2022年5月24日にCANONからミラーレス一眼の新製品EOS R7」と「EOS R10」がの発売予定が発表されました!!

これまでCANONのAPS-Cミラーレス一眼はEOS Mシリーズ、EOS Kiss Mシリーズがありましたが、今回はRFマウントでのAPS-C機となります。つまり、EOS Rシリーズ初のAPS-C機となります。

  • EOS R7:2022年6月下旬に発売。「EOS Rシステム」のAPS-Cハイエンドモデル
  • EOS R10:2022年7月下旬に発売。小型・軽量のAPS-Cサイズミラーレスカメラ

どちらもRFマウント(EOS Rシステム)のミラーレスカメラですが、EOS R7はハイエンドということでEOS 6D mark IIのような動体撮影(動く被写体)に強い設計となっています。

Canonのメイン機種が今後RFマウントに移ることが明らかなので、一眼レフとミラーレスの違いはありますがEOS 6D mark IIの後継機はEOS R7であると言っても良いでしょう。

実際、EOS R7では現段階でEOS Rシリーズ最速の最高約15コマ/秒(メカシャッター/電子先幕)、電子シャッター使用時は最高約30コマ/秒の連続撮影可能となっています。

さらに、後半で詳しく書きますが、EOS R7はEOS R6で不満の多かった動画撮影性能も高いです。

一方、EOS R10は小型軽量のAPS-Cミラーレスカメラということで、位置づけはEOS Mシリーズ、EOS Kiss Mシリーズと完全に被っています。

しかもMマウントには非対応で、まさかのRF-Sマウント登場です。今後は、RFマウント+RF-SマウントでMマウントに取って変わるということでしょう。

CANONのカメラマウントまとめ

CANONでは現在5つのマウントがあり、とてもややこしくなっています。

表にすると下記のような対応関係です。

変換マウントは使わない状態での表となります。

マウント名 →
↓ シリーズ名
EFEF-SMRFRF-S機種の例
APS-C一眼レフ×××EOS kiss x10
フルサイズ一眼レフ××××EOS 5D mark IV
APS-Cミラーレス
(Mシリーズ)
××××EOS M7, kiss M
APS-Cミラーレス
(Rシリーズ)
×××EOS R7, R10
フルサイズミラーレス××××EOS R5, R6

今回発売されるのはRシステム初のAPS-Cミラーレス(表の太字部分)と、RF-Sレンズとなります。

こうしてみると、MマウントはEF-Sのように最小限のレンズラインナップで抑え、今まで以上にRマウントを主軸にしていくということですね。

Mマウントが全体をややこしくしていますが、Mマウントが無ければEF, EF-S, RF, RF-Sで対応がスッキリすることからも、今後はEOS Rシステムに一本化していくことが伺えます。

EOR R7の概要

EOS R7
引用:https://canon.jp/corporate/newsrelease/2022/2022-05/pr-eosr7

CANON公式からは下記のニュースリリースと特設サイトが発表されています。

キヤノン ニュースリリース

キヤノンは、RFマウントを採用する「EOS Rシステム」のAPS-Cハイエンドモデルカメラとして、新開発約3250万画素…

your EOS.

メカシャッター最高約15コマ/秒の高速連続撮影とAPS-C EOS史上最高の解像性能。APS-Cミラーレス EOS R7…

主な特徴は下記となっています。

  • 動体撮影など幅広いシーンに対応する高速連写・高性能AF
  • 約3250万画素のEOS Rシリーズ初のAPS-CサイズCMOSセンサー
  • 協調制御による最高8.0段の手ブレ補正

EOS R7では現段階でEOS Rシリーズ最速の最高約15コマ/秒(メカシャッター/電子先幕)、電子シャッター使用時は最高約30コマ/秒の連続撮影可能となっています。

さらに、「EOS R3」(2021年11月発売)のAF被写体検出技術を継承しています!これは熱いですね!

EOS R10の概要

EOS R10
引用元:https://canon.jp/corporate/newsrelease/2022/2022-05/pr-eosr10

CANON公式からは下記のニュースリリースと特設サイトが発表されています。

キヤノン ニュースリリース

キヤノンは、小型・軽量ボディーに「EOS Rシステム」の高い性能を凝縮し、本格的な静止画・動画撮影をより手軽に楽しむこと…

キヤノン your EOS.

写真も動画も軽がる本格的。小型・軽量ボディーに、かんたんに撮れる機能が満載のEOS R10の特長紹介ページです。…

主な特徴は下記となっています。

  • 決定的な瞬間を捉える高速連写・高性能AF
  • 新開発のCMOSセンサーと映像エンジン「DIGIC X」が実現する高画質
  • 多様な撮影シーンに対応する動画性能

廉価版の位置づけだと思うので、EOS R7と同じ最高約15コマ/秒(メカシャッター/電子先幕)というのは驚きでした。

一方、動画性能についてはEOS R7と明確に差をつけて落としていますね。また、EOS R10にはボディ内手振れ補正も無いです。その分、小型化しています。

ただ、今までのEOS Mシリーズ, EOS kiss Mシリーズで持っていたイメージより若干高い性能になっているように思います。

EOS R7, EOS R10, RF-Sレンズの価格

値段は公式ページではないですが、下記情報がありました。

EOS R7本体:19万7780円

EOS R7 18-150mm キット:24万6180円

EOS R10本体:12万8480円

EOS R10 18-45mm キット:14万3880円

EOS R10 18-150mm キット:17万6880円

RF-S 18-45mm F4.5-6.3 IS STM:4万2500円

RF-S 18-150mm F3.5-F6.3 IS STM:6万8500円

引用:今年はAPS-Cのカメラが熱くなる! キヤノンからAPS-Cミラーレス「EOS R7」「EOS R10」発表

価格帯を見ても、EOS R7はEOS 6D mark IIの正統進化版ですね。

まとめ:「EOS Rシステム」のAPS-Cが熱い!

ウワサはありましたが、ついにEOS R7とEOS R10が発表になりました。

動体撮影をしていた人にとっては待望の機種だったのではないでしょうか😊



本ブログでEOS R6の記事書いてます


本ブログではEOS R6について使用感を色々と記事にしていますので、良かったらご覧ください♪

合わせて読みたい

観光気分で行くけど、少しでも良い写真を撮りたい この記事では、ちょっとした観光気分で撮影に行く人が、日の出・日の入り撮影でちょっと気を付けると良い写真が撮れると思うポイントをまとめてみました。一眼カメラだ[…]

合わせて読みたい

CanonのRFレンズは2022年4月7日から軒並み価格が上昇していますね💦今回作例を載せる「RF100-500mm F4.5-7.1 L IS USM」も4万円近くの値上げです。出典:YOUのデジタルマニアックスht[…]

ブログおすすめ記事

本ブログではEOS R6を中心とした一眼カメラ情報を色々と掲載しています!

下記は、一眼レフとミラーレスの比較記事です。

ミラーレスと一眼レフ比較

フルサイズミラーレスの完成形、EOS R6Canon EOS R6購入の決め手と使ってみた評価を記事にします。筆者はアマチュアのカメラ歴が約20年で、いくつか写真の仕事をしたこともあるハイアマチュアになります。今ま[…]

下記は、EOS Rシリーズの比較記事です。

EOSRシリーズ比較

EOS Rシリーズの進化は非連続EOS Rシリーズを一通り一度に触った結果、EOS R, RPとEOS R6, R5, R3の機種群を比較すると体感の実力が大きく違うことがわかりましたので、購入検討されている方と共有したいと思い記[…]

下記は、フルサイズとAPS-Cの比較記事です。

フルサイズとAPS-C比較

フルサイズって本当に必要なの? 初めてカメラ買うけど、やっぱ大は小を兼ねるからフルサイズいっちゃう!? 知り合いに相談したらAPS-C機勧められたけど・・本気ならフルサイズかな??一眼カメラを買おうとして、フルサイ[…]

スマホじゃダメなの?と思った方は下記の記事もどうぞ♪

スマホと一眼カメラの比較

スマホカメラは一体どこまで進化するのか良く話題になる、一眼カメラ vs スマホカメラ。実はスマホカメラがどれだけ進化しても、あと10年は通用するであろう選別視点があります。※ここでは、一眼カメラとは「一眼レフ an[…]


スナップ写真の撮り方ガイド カテゴリ一覧


kenshi2009 blog コンテンツ一覧
最新情報をチェックしよう!